病院

検査結果

昨日はくーこの甲状腺の検査結果が出るのと違う抗生物質を飲んだ後の体調の報告をしに
病院に行きました。

DSC02328_R.jpg
19日 朝、トイレをしなかったので散歩に行きました。

薬を替えた方は特に変化は無く、甲状腺の方も数値に異常は見られませんでした。
…どっちかだったら良かったんですがね。

DSC01225_R_2016022111551534f.jpg

くーこの方は病院に行った日からあまり変わった所はないです。
食欲もあってトイレも1人で出来てます(^u^)

ただ後ろ足が昨日の夕方からフラフラするようになってしまったので
急遽フリースで補助具を作りました。

DSC02393_R.jpg

切りっぱなしのフリースに穴を開けただけ…(^_^;)

ちなみにくーこは目が見えてないわけではなくて
見えているけど何を見ているのか分からない状態なんだそうです。

DSC_3788_R.jpg

夕方、一時的に後ろ足が立たなくなってしまい病院に電話した所
特に出来ることはないそうです(T_T)
先生はその後様子を聞きに電話をくれました(ありがたいです)

取り敢えず今は痛みも特に無いらしく穏やかではないけれど暮らしています。

飼い主の方もちょっとずつ覚悟を決めつつあります。

…と言いつつ認知症だったらいいのになって思ってます。
スポンサーサイト

覚悟を決めて

火曜日辺りからくーこが左回りにクルクル回ったりしていたので
木曜日に(水曜休みなので)病院に行って来ました。

多分年のせいだよなぁ(^_^;)なんて思いながら。

20160219151538f52.jpg

昼前に病院に電話をして午後1番に診てもらえないかお願いしようとしたら
今から来ても良いとのことだったのでカートでガラガラ行きました。

先生に一通り説明してから診てもらった所
もう少し詳しく検査をしようと言う事になり
眼圧に血液とレントゲンの検査をすることになりました。

先生の見立てでは目も鼻も耳も使えず血液検査もレントゲンも
特に異常は見当たりませんでした。
このことから、くーこのクルクルの原因は4つ可能性が考えられると言われました。
老犬性のもの、抗生物質による中毒、甲状腺機能低下症、脳腫瘍の4つでした。
抗生物質と甲状腺は可能性は低いらしいのですが
今、抗生物質の種類を替えて様子見中で甲状腺は血液検査中です。
あとは老犬性のものと脳腫瘍だそうですが
先生は脳腫瘍の可能性が高いと言ってました。
(症状が広範囲なこと、旋回、眼圧検査の結果等で)

そのあとも色々と説明は受けましたがはっきり言って聞いてませんでした。
ホントにすっごい軽い気持ちで病院に行ったので
そんな事言われるとは思ってもいませんでした。

脳腫瘍の確定診断はMRIを撮らないと出来ないのですが
それには全身麻酔が必要なのでくーこにはリスクの高いもの。
もし確定しても治療の放射線や手術もリスクが高くて…

さらに突然死や痙攣発作が起こったときの安楽死など
寝耳に水というか…

頭が真っ白でした。

あと、飼い主は今何も出来ないんです。
ただ見てるだけ。

この前白血病かもしれないって診断されたばかりで
今回は脳腫瘍って…
先生ヤブ医者なのかなとか、考えられる可能性の一番悪いやつを言ってるのか
とか、先生が間違っててほしいとか、そんな事ばかり考えてて
現実を直視出来ないでいます。

そのせいかけっこう呑気にくーこと過ごしてます。

20160219151540c7d.jpg

昼頃散歩に。
真っ直ぐ歩けないので放っておくと同じく場所をクルクル回ってます。

201602191515413f6.jpg

家の中でも危ないのでハーネス着けてます。




…夢だったらいいのにな。

通院日

昨日は月に一度の病院の日でした。
空いてそうな時間帯を選んだつもりが他の皆さんも同じ考えのようで全く空いてませんでした…
しかも病院が暑いι(´Д`υ)
飼い主は暖房の暑さに弱いので途中で帰りたくなりました(汗)

IMG_0728_R.jpg

1時間ほど待って診察室へ→
爪を切ってもらって、肛門腺を絞ってもらっただけなのに
お姉さんが謝るほど震えてました(;´∀`)

IMG_0735_R.jpg

帰り道。
魂が肉体から抜けかかってる状態のくーこ(^_^;)
ヘラヘラしてますね…

IMG_0756_R.jpg

近所の八百屋さんまで帰ってきました。
なんだかポ~っとしてます。

お疲れさま~!

血液検査してきました



昨日は午前中に血液検査をしてきました。
結果は午後くーこなしで聞きに行くことにしました。

DSC_3536_R.jpg

病院についた時は患者さんが4人いたので小一時間待ちましたが
待合室が広いのでカートの中で待ってられました。

呼ばれると血液を採取してサクッと終了。
ブルブルしてたので先生も看護師さんもごめんね、ごめんねって言ってました。

2回目なので先生もフレンドリーでしたよ。

DSC_3522_R.jpg

帰りにおやつを食べに公園へ。
血液検査で朝ごはん抜きだったのですごい食いつきでした。

DSC_3560_R.jpg

家に帰ってご飯を食べたらやっぱり爆睡^m^


で、検査の結果は。

今までの病院では腎臓と腸炎についてと肝臓のみで他はしてきませんでしたが
今回は初めてということで全部の検査をお願いしました。

結果、白血球値が低く貧血を起こしてることがわかりました。
腎臓病のせいで貧血を起こすときはステージ4くらいからだそうです。
くーこは今ステージ2なので腎臓病のせいで貧血になってるわけではないと思われます。

ではなぜ貧血の症状が出ているのかと言うと他の病気の可能性があると。
それは白血病だそうです。

でも白血病の確定検査は全身麻酔で太ももの骨に注射をして骨髄を抜かなくては検査できません。
もうこの年でその検査をする必要はリスクの方が大きくておすすめできませんと言われました。
その点は私もそう思います。

くーこのこれからについてはいくつかの選択肢があって
検査をして治療するから、何もせず嫌がる病院にも行かない、まで説明してもらいました。

15才では明日何があっても不思議ではないと。
くーこは足の関節も固くなっているし先生的にはもう限界は超えているのではないかとのことでした。

頭の中が真っ白で何も考えられずにいると、先生から「家に帰って落ち着いて考えて見てください」と
言われました。

今はある程度考えは決まっているけどまだ気持ちの整理がついてません。

くーこの痛いこと、辛いことはしたくないな。

今日は長いです。

昨日はついに新しい病院に行って来ました。
徒歩20分くらいかけて病院に着き問診票を書いていると
中から友達わんこのコーギーさんが出てきました٩(๑ˆOˆ๑)۶

受付の看護師さんがいなくなった隙に先生がどんな人か聞いてみると
「うーん、丁寧かな」
…なんか微妙に含みを持たせた言い方っすね( ̄∀ ̄;)

この病院は2〜3年前に出来たところなのでとってもキレイで
待合室が前の時の多分4倍はあります。
院内も白で統一されていて清潔感に溢れてました。

で、名前を呼ばれて中に入ると先生が。
今までの血液検査の結果と乳ガンの病理診断書を出すと
先生しゃがみこんで見ておりました( ˙◊˙ )

さらに質問攻めに。
今まで先生の言いなりではないけど信頼していたので
ほぼ言う通りに投薬やごはんを選んでいたので
なんだか尋問されているみたいで緊張しました(›´ω`‹ )

今回は爪切りと肛門腺を絞って貰って終了。
木曜日に血液検査と便検査の予定になりました。

先生の第一印象は冗談が通じなさそう…でした( ̄∀ ̄;)鉄仮面のようで…
(前の先生はとってもフランクなボディボーダーだった)
でも真剣に今までの血液検査の結果も見てくれて(コピーまで取ってた)
長々と話を聞いてくれて良さそうな先生でした。

最後に「高齢なので押し付けるような医療はしません」と言われました。
先生の言わんとする事と私の受けとり方が一致したかは分からないけど
この先生なら任せられそうと感じました。

木曜日の血液検査の結果を見てこれからの治療方針を決めます。
飼い主としては、今まで十分長生きしてもらったので
痛いこと、苦しいこと、辛いことを最優先で対処してもらいたいと
伝えたいと思います。

DSC_3380_R.jpg

帰り道のくーこ。
ぐったり(´ω`;)

この病院は時間外も電話が繋がり先生に相談できるので
そこも心強いです٩(๑ˆOˆ๑)۶

DSC_3385_R.jpg

帰って来て爆睡中。
くーこも飼い主も疲れました。。。

DSC_3410_R.jpg

先生もうちょっとフレンドリーになってくれないかな( ̄∀ ̄;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。